青地城

青地城は、鎌倉時代初期に青地忠綱が築いたと云われているが、近江栗太郡志には応仁の乱以後と記されている。青地氏は、近江守護佐々木氏の「佐々木七騎」の一人に数えられ、相当の武威を誇っていた。天正元年、観音寺城主六角氏滅亡により、当時の城主青地高直は加賀前田氏に仕え、その後豊臣秀次にも仕えたが、秀次の没後隠遁してしまった。